tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS 風雲急を告げるモノづくり業界の現状

<<   作成日時 : 2015/04/28 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん、こんにちは。ツガワの駒田です。

毎年、満開の桜を二度も観ることが出来る小さな幸せを感じる季節が例年より
10日ほど早く過ぎ去って行きました。丁度、連休前の今日(4月28日)あたりが、
岩手県での桜の見頃となります。みちのく三大桜の名所の一つにあげられる北
上市の展勝地の桜は残念ながら今年は観ることが出来ませんでしたが、雄大な
北上川の川沿いに延々と咲き誇る桜は実に見事であります。当社お客様はもと
より、多くの皆さんに是非来年はご覧頂きたく思っております。また、東北はこれ
より一年で最も自然の美しい新緑まばゆい季節となります。正に北国の春真っ
盛りであります。重ね重ねとなりますが、是非是非多くの皆さんに東北の地に足
をお運び頂ければと思います。

さて、AIIBへの日本の参加を促す背景もあり、日中首脳会議が急遽行われた一
方で、その中国への脅威に対抗する形での日米防衛協力のための指針が18年
ぶりに改定されました。冷戦時代の日米露の緊張関係が、露から中に役者が変わ
り、日米中の微妙な緊張感が続きそうであります。
モノづくりの世界でも、この2015年度は風雲急を告げる様々な事態が起こりそう
な気配であります。特に、この場で何度となく述べて参りました様に中小のモノづく
り企業を取り巻く環境が激変して来ております。この大きな変化には、良い面、悪い
面様々でありますが、私が注視する中小モノづくり業界を取り巻く現状を幾つかあ
げてみたいと思います。

@大手モノづくり企業の動き

  国内外工場の統廃合、海外メーカーとの経営統合やM&A、ボードメンバーの
若返りが急ピッチで進んでおります。

Aモノづくりの国内回帰

  為替(円安)、品質問題、中国をはじめとしたアジア圏のインフレなどの理由によ
りモノづくりの国内回帰が進んでおります。

B事業承継と高齢化

  事業承継問題がいよいよ本格化する中で後継者難に直面する企業が増えること
に加え、モノづくりに携わる人々の高齢化も急速に進んでおります。

C投資状況

  過去20年間に設備投資を控えていたことのツケがジワジワと出て来ております。
これは、品質とコスト競争力に大きな影響を及ぼすことが予想されます。

D中小モノづくり企業の減少

  倒産や事業清算、廃業はあれども、なかなか起業が皆無に近いのも中小モノづく
り企業の現状であります。ほどなく、発注先難に襲われることが目に見えて来てお
ります。

日本は、2020年の東京オリンピック開催という大きく明るい中期的ゴールがあり、社
会インフラやそれに纏わっての需要が見込まれる中で、国内のモノづくり業界を取り
巻く環境は、決して安穏とはしていられない状況にあります。その様な中、6月からい
よいよ始まる中長期6カ年経営計画においてツガワは、これまで標榜して参りました・
・・EDMSビジネスモデルを更に追求しつつ、次なるEDMDビジネスモデルの構築に
取り組んでおります。

簡単に申しますと、難易度の極めて高い“高付加価値ソリューション”を求められるお
客様へも、徹底した”低コストオペレーション”を求められるお客様へも万全なる対応
をさせて頂くビジネスモデルであります。
この3月、4月は、既存のお客様はもとより新規のお客様の上層部の方々が非常に多
く御来社頂いております。この動きは、多くのお客様が・・・

◇モノづくりのアウトソーシング化、ファブレス化が急速に進めている。

◇グローバルなビジネスパートナーを求められている

◇経営基盤の強い会社を求められている

現れであると判断しております。
まだまだ力不足ではありますが、この様なお客様の強いニーズにお応え出来ます様、
ツガワは更なる努力をして参ります。

駒田

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風雲急を告げるモノづくり業界の現状 tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる