tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS 危機に強い会社を目指す

<<   作成日時 : 2017/10/31 14:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん、こんにちは。

 予想に反してあっけなく終わってしまった衆院選は、ご存じの様に自公の圧勝。希望の党の惨敗による見苦しい責任の擦り付け合いにうんざりし、日本人の判官びいき的な追い風を受けての枝野“立憲民主党”の躍進に驚き、その他弱小野党軍団の残念な戦いぶりに呆れ、言わば棚ボタ的(野党の自滅により)に大勝利を得た自公へ信任を与えてしまった日本・日本人らしい(自嘲&皮肉)本衆院選はこれをもって総括とします。

 今後、暫くは続くと思われる強力な自公政権と、相変わらずの官僚統制国家日本が次に向かわねばならないところは・・・・・
 経済(景気)も、エネルギーも、少子高齢化も、税と社会保障も、働き方改革も、地方創生も、2020東京五輪も・・・・・
 大事なことは山積しておりますが、今、最も大事なことは“国防”であると私は思っております。(恐らく、皆さんも同じ気持ちなのでは?)早ければ今年の年末までに、遅くとも向こう1年〜1年半の圏内で米朝衝突が起きると言われております。
 日米共に“全ての選択肢はテーブルの上にある”という見解で一致を見せております。今は何もしないことが最上の戦略といった様相でありますが・・・水面下において日米間でかなり現実的、且つ行動的な戦略が練られているのでは?と思うのです。
 来週末、大統領就任後初めてトランプ大統領が来日されます。まる二日間の滞在期間中にその戦略がかなり前に進むのではないでしょうか。

 今更ながらですが、安部首相をはじめとした自民党候補者が口を揃えて何度も繰り返し言っていた言葉を思い出してみて下さい。「国民の生命と財産を守る!」であります。この言葉の持つ意味を考えれば、選挙前〜選挙中〜そして選挙後に何が起こるかは容易に推測出来ます。然らば、安部首相以下政権与党や安保法制に賛同する方々は、どの様にして国民の生命と財産を守るのでしょうか?我々国民は、この点に全神経を集中させねばなりません。

 そしてまた、我々も企業としてのリスクマネジメントの質であり危機感を更に高めていかねばならないことを実感しております。では、ツガワの危機管理はどうなっているのでしょうか?

 リーマンショックを経験し、その後、ツガワは2010年度〜2014年度の新中期5カ年経営計画において経営体質を大きく改善し、強固な足腰(経営的)を作り上げて参りました。その流れは、その後の2015年度〜2020年
度の中長期6カ年経営計画にも受け継がれ、その強靭さを更に増しております。

 東日本大震災を経験し、その後、ツガワはBCP/BCMへの対応を万全なものにしております。毎年行われる全社をあげての訓練は、より現実に則した内容の濃いものになっております。

 “有事”・・・・・決してあってはならないことではありますが、経済的、政治的、自然災害的、品質管理的に例えどの様なことがあったとしてもリスクに強い会社を目指さねばならないとツガワは考えます。
 今後起こり得るであろうあらゆるリスクを想定し、お客様にご迷惑をお掛けしないことはもとより、リスクに強い会社であるという信頼を得るべく鋭意取り組ん参ります。

駒田


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
危機に強い会社を目指す tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる