tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年、ツガワは“成”し遂げます!!

<<   作成日時 : 2018/01/12 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、新年明けましておめでとうございます。
  本年も宜しくお願い申し上げます。

  『申酉騒ぎ、戌笑う』の、正にその通り昨年からの経済が続く今年になりそうであります。
 大発会では、26年振りの高値をつけ、米国経済(ダウ)もトランプ大統領就任以降30%ほどアップ。大手企業経営者の8割が今年の景気見通しは明るいと断言。株価上昇も、2万5千円とも、3万円とも、4万円とも・・・・・。某高校のバブルダンスが話題になったり、芸能界でもバブル時代に一世を風靡した歌手が注目されたりしております。再び、バブル時代の到来か?果たして、“戌笑う”の如く、世の中の人々が皆笑える時代が来るや否や。
北朝鮮問題をはじめとしたカントリーリスクや忘れた頃にやって来る自然災害なども気になるところです。
何れにしても、不安はあれども多少光が見え隠れしてきた事は確かの様です。

 さて、昨年当社においては、組織とビジネスモデル(F−EDMS)の大変革により大きな成果をあげた一年でありました。お客様のご支援、パートナー企業様、提携企業様、地元地域の皆様、そして・・・素晴らしい活躍を見せてくれた社員の皆さん並びにそのご家族に心から感謝申し上げます。
 2018年を迎えるにあたりまして、私は二つのことをしっかりと心の中心に据えて鋭意経営にのぞんで参りたいと思います。

 一つは、2007年のサブプライムショックとそれに続く2008年のリーマンショックで踏んだ轍を二度と繰り返さ ぬ様、2007年〜2017年に掛けて取り組み、学んだことを決して忘れずに経営に相対する。

 二つ目は、守りと攻めをキッチリ半々(50%:50%)にしたバランス経営をする。
 但し、攻める際は100%の全力をもって躊躇せずに攻め、守る時は微塵の隙も無い強固な守りで固めることが 肝要と心得る。

 今年のツガワの一字は・・・『成』
 高い目標を掲げ、それを是が非でも『成』し遂げる年と致します。ここ数年のモノづくり業界の激変の最終章が  今年からいよいよ始まります。この激変は衰退へ向かうのではなく、モノづくりの全く新しい機軸が生まれる発  展系の変化であると捉え、ツガワは大きな挑戦をして参ります。また、この激変に対して、ツガワがどう対処して いくか?ツガワを取り巻く全てのステークホルダーの皆さんにしっかりと示して参ります。

『商機を捉え挑戦し続ける100年企業を目指して』

ツガワは、大いなる計画性と迅速なる実効力をもって取り組んで参ります。

月並みですが、戌年のいわれと私の思いを以下に。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆戌年の傾向

 前年は酉年で“商売繁盛”や“取り→採り”と収穫の意味があり比較的良い意味の年でした。
 戌年は、その後になりますので収穫後の年になります。

〇地盤を守る

 商売でいえば、売買後のアフターフォローや更にお客様と親しくなる年になります。

〇勤勉と努力

 「生まれついての非凡な能力なしでは、いくら努力を積み重ねても第二のシェークスピアやニュートン、ベ ートーベン、そしてミケランジェロは生まれてこないだろう。だが、いずれにせよ、勤勉と努力が素晴らしい成果を生み出すことは間違いない。しかも、天才と称賛される人物ほど、必ずといっていいくらい粘り強い努力家なのである。」という様に、勤勉と努力が何かを生み出す年になりそうです。

昨年の酉年は“商売繁盛・収穫”といわれていましたが、戌年は“守りの年”といわれています。商売ですから守 ってばかりではいけませんが、アフターフォロー、リスクヘッジをすることで既存のお客様を守り、またそれが信頼を生んで新たな商売へと繋がっていくことになるのです。

〇戌年の意味

“戌”は“滅びる”を意味する“滅”で、草木が枯れる状態を表しているという見方がもありますが、実際は“守る”、“植物が育っていき、花が咲き、実をつけ食べごろが過ぎた後、自分の実を落として木だけは守る”という意味だそうです。また、戌の干支の特徴として、“勤勉で努力家”とあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『“凡事徹底”・・・謙虚にして堅実で誠意ある姿勢をもって、地道な努力を粘り強く継続的に行う。』

 これは、私がこの10年間ひたすら掲げてきた思いであります。
守りながら攻める!守り50・攻め50のバランス経営も先ほど来、申してきた通り。2007年から2017年の10年間は、正に太い幹をつくり、次なる10年間の為に栄養分(実力)を蓄える時期でありました。その結果、確かに、この10年間に花が咲き、その実が食べごろになり、そこそこの果実(成果)を得ることが出来ました。しかし、その実は2017年中に良い意味で落ちたと考えます。

 つまり、2018年は、この10年間に幹に蓄えられた実力を存分に発揮するスタートの年になるのです。“攻め”です。また、これからの10年間は、次に来る大きな発展の為にこれまでの10年間を遥かに超える様な努力と勤勉性をもってのぞまねばなりません。“守り”であります。これまで積み上げてきたお客様からの信頼を新たなビジネスに繋げる懸命なる努力を全社一丸となりして参りたいと思います。また、これからの努力の積み上げにより、既存のお客様はもとより新たなお客様からの信頼を勝ち得る実り多きスタートの1年にして参ります。

駒田

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年、ツガワは“成”し遂げます!! tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる