tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS ツガワの考える“モノづくりの新しい形”とは?

<<   作成日時 : 2018/03/30 11:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、こんにちは。ツガワの駒田です。

 温暖化による地球環境の変化への警戒感を他所に、今年の桜前線は急ピッチで北上しております。全国で“桜まつり”を企画されている皆さんは大慌てではないでしょうか?
 ツガワの生産拠点が集中する岩手県もまた、4月中旬の開花を少し前倒しせねばならなくなりそうです。一昔前は、GW直前の4月下旬に開花と満開が短期間の内にやって来て、GW中にすっかり散ってしまうのが常でありました。
 それが、この分では4月下旬にはすっかり桜が散ってなくなってしまいそうです。しかしながら、悪いことばかりではありません。毎年、当社東北工場群にご来社頂く多くのお客様に東北三大桜の名所で名高い岩手県北上市の展勝地の桜をご覧頂くことが出来そうです。(毎年4月は特にお客様のご来社が多い)

 さて、国内では森友問題で国会が紛糾し、国外では北朝鮮の卓越?した外交に世界が振り回される事態になっております。不謹慎かもしれませんが・・・もし、“世界外交オブ・ザ・イヤー”の様なものがあれば間違いなく北朝鮮が受賞しているかもしれません。金正恩の中国電撃訪問(3月)、韓国朝鮮首脳会談(4月)、金正恩のロシア訪問?、そして6月の米朝首脳会談。蚊帳の外にいる安部首相は森友問題に翻弄され、国外はその通りといったところで、それにつられて国内外の経済環境はここ暫くバタバタしそうであります。国内経済に目を向けますと、比較的安定感のあった国内景気を象徴する様に静かに今年度が終わり、多くの企業が新年度に突入する様相。

 『今後更に慢性化していくであろう“人手不足”を最新のテクノロジーがどの様にそれを補完し、逆に生産性を大幅に高めていくことが出来るか?』

 “省人化”、“自動化”、“無人化”を可能にする技術・製品・サービスを支える半導体や、新しい発想に基づく斬新なソリューションがカギになりそうです。

 そして・・・
 4月からの新年度、モノづくり業界でも大きな大きな変化がそこらじゅうで健在化してくると思われます。
それは・・・・・お客様(ブランドを持つメーカー)と中小モノづくり会社(受託開発生産専門メーカー)との役割分担の明確化であります。国内外に大きく事業を拡大されようとしているお客様(ブランドを持つメーカー)は、最新の
技術・製品・サービスと斬新なソリューションを徹底強化するはず。モノづくりに関しては、モノづくり専業の受託開発生産専門メーカーがしっかりとサポートせねばならなくなります。いや、サポートというよりもむしろイニシアティブをとらねばならなくなると思われます。

 ツガワは、今、ツガワが何をせねばならないかを考えます。お客様がドラスティックに変わろうとしている中で、モノづくり専業会社である我々が成すべきことは何か?その答えの一つが、

 『F−EDMSビジネスの全国展開とロジスティクス網の拡大』

 であります。平たく言えば・・・“モノづくり”と“物流”の強力なネットワークを全国に張り巡らすことであります。お客様からのどの様なご要望にも的確にお応え出来る体制整備をツガワは急ぎます。
 モノづくりでお困りの際は、是非一度ツガワにお問い合わせ下さい。

駒田



F−EDMS北関東拠点近くの桜の名所(華蔵寺公園遊園地の桜)
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツガワの考える“モノづくりの新しい形”とは? tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる