tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS リスクに強い企業への体質改善を急ぐ!

<<   作成日時 : 2018/04/27 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


皆さん、こんにちは。ツガワの駒田です。

 先週末(4月20日〜21日満開)に、例年より一週間ほど早く岩手に到達した桜前線が、あっという間に走り去って行きました。今年は、例年より桜の咲き始めが早かったこともあり、工場をご来社頂いた多くのお客様に桜をご覧頂くことが出来ました。都心では、既に桜の話題が遠い過去のものになりつつある中、お客様には今一度存分にお楽しみ頂けたのではと思っております。

 さて、足もとで火が燃え盛る真っ只中、外交でのポイントを少しでも稼ぎたいのであろう安部首相の日米首脳会議の成果は?今回の外交ポイントは、残念ながら足もとの火を消すまでには全く至らず、安部首相としては、思惑が大きく外れたものとなったのではないでしょうか?
 また、森加計問題に端を発し、財務省の問題が悪い方へ悪い方へ更に拡大中。財務省に限らず、ここ最近官僚の忖度や隠ぺいにまみれた腐敗体質の全貌が次々に明らかになってきております。本件は、国内世論のみな
らず、広く世界に対しても日本の恥を晒す形になっております。本当に嘆かわしいことであります。

 そして、6月の米朝首脳会議、9月の自民党総裁選挙。今年の大きな山場となることは必至であります。
 まだ・・・比較的安定していると思われる国内経済、まだ・・・一党独裁体制の中で安定している様に見える国内政治でありますが、この6月、そして9月に状況が一変し、大きな混乱が起こることもある程度想定せねばなりま
せん。国内政治の混乱や国外での争いや戦争は勿論無いに越したことはありません。しかし、慢心の果てにモラルが崩れ政治が乱れたり、道理や良識の中で済まされず、争いや戦争をその都度起こしてきたのもまた人間
の悲しい歴史であります。申し上げたいのは、我々企業が心すべきは、自然災害は勿論のこと、人的災害というべき争いや戦争への備えや、慢心やモラルハザードによる怠慢経営に陥らぬよう心せねばならないということ
であります。BCP/BCMは、自然災害に偏重することなく、カントリーリスク、各種経営危機に纏わる備えや準備もその活動に急ぎ盛り込んで行かねばなりません。

 ツガワグループでは、東日本大震災被災という貴重な経験を生かした中で、より実践的で地に足の着いたBCP/BCMを震災以降おこなってきました。
 ただ、今後は・・・・・

≪経営リスク対応オペレーション≫

 【予想されるリスクのリストアップ】

 【リスク発生の予防】

 【発生したリスクの最小化】

 【リスク対応】

 という、ツガワグループが長年取り組んで来たオペレーションを更に充実させ、自然災害対応に偏重しつつあったBCP/BCMを総括的に経営リスク対応できるものに変えていき、リスクに強い強靭な経営体質をつくりあげて参りたいと考えております。

 駒田

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リスクに強い企業への体質改善を急ぐ! tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる