tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS 創業65周年を新たなスタートとして

<<   作成日時 : 2018/06/27 14:49  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん、こんにちは。
ツガワの駒田です。第三の創業を期して全社員心一つにした創業60周年から早5年が経ち
ました。本来であればキリの良いところで、創業70周年をまた社員皆で祝うことにすれば
良かったのですが、敢えて創業65周年を各事業拠点ごとではありますが記念式典を行う
ことに。
リーマンショック以降10年、業績も順調にV字回復を果たし、中長期6カ年経営計画の後期
3カ年に勢いをつける意味もあるにはあるのですが、本当のところは少し違うのです。
正直なところ、この65年間を振り返って思い出に浸るとか、この10年の努力を称え合うといったことは一切ありません。
5年前に第三の創業を誓い大いなる目標を設定し、新たなツガワをスタートさせたつもりが
必ずしも思った通りにいっていないことに気付いたのです。
そんな思いが沸々と湧き上がってきた中での創業65周年記念式典。 然らば、この度の
記念式典の意味とは?

一つ目は、後期3カ年経営計画によりチャレンジ2020必達を期す決断の式にする。
二つ目は、100年企業に向けてのビジョンや思いを一つにするという全社一丸を確認する
式にする。
三つ目は、100年企業に直結する次なる長期経営計画策定をスタートさせる決意の式
       にする。

これら三つであります。平たく申せば、この日より本当の意味で新しいツガワがスタートする
のです。逆に言うと、ここで変わらねばツガワの未来は無い。とさえ思うのです。世界情勢は不透明感を増し、地震をはじめとした自然災害リスクも心配され、強いといわれた日本の経済力も怪しくなっており、市場やお客様も勝ち組負け組がハッキリとして参りました。そんな中、果たして5年前の創業60周年記念式典にて100年企業ビジョンで掲げた“夢”を実現できる会社になっているか?まだまだ道半ばであります。更に言えば、我々の技術や製品を通して
世の中に貢献しているか?という意識もまだまだ希薄。 また日本のモノづくりを縁の下で
支えるといった使命感も、全く足りていません。ステークホルダーの夢と幸せを実現し、技術
や製品を通して社会に貢献し、日本のモノづくりを縁の下で力強く支える会社になるという
ビジョンと熱き思いを更に強くせねばなりません。

今週(6月26日〜)は、5つの事業拠点それぞれで上記三つの強いメッセージを全社員に
話して参ります。

この様にツガワは、今 正に新たなスタートを切ろうとしております。設備を増強し、F−EDM
Sビジネスを強化し、組織力を強化し、個々の力を上げる為の教育やトレーニングを施し
新しいツガワをつくりあげるべく取り組んでおります。
是非、その変化をご覧の上、新しく生まれ変わるツガワにご期待下さい。

駒田

画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
創業65周年を新たなスタートとして tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる