tsugawa-way

アクセスカウンタ

zoom RSS 長期的な展望を持って今を取り組むツガワ

<<   作成日時 : 2018/10/23 13:45  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
皆さん、こんにちは。ツガワの駒田です。
あの茹だる様に暑かった夏は一体何処に? つい最近まで夏日が嘗て無いほど多かった、
とこの夏の異常な暑さが話題になっておりましたが・・・。すっかり秋めいたを通り越して
寒さの話題に急速にシフトしております。当社の工場がある岩手県も、朝晩は4〜5℃と
いう日もあり盛岡ではマイナス2〜3℃という地域も出て参りました。夏暑く冬寒い年は、景気
も良いといわれます。果たして、今年から来年にかけてはどうなるのでしょうか?来年10月の
消費増税は実施されます。参院選との見合いになるのでしょうが・・・数々の問題があれども安倍政権を追い込むどころか、その存在感すら益々希薄になっていく頼りない野党の現状を見る限り、安倍政権の今後3年間もある意味安泰といったところでしょうか。

多くの企業は、三年間の中期経営計画を一年毎のローリングで回しているのが現状。しかし最近は、もっともっと先の長期的展望やビジョンをもって経営に相対する企業も出て参りました。代表的なところでは、JR東日本グループの『変革2027』です。代表的な電鉄グループで
あり、堅実で着実な経営で知られるJR東日本もまた、これまでは三年の中期経営
計画を一年毎のローリングで回してきた企業でありました。 それが、2017年〜2027年の
十年の計をもって『変革2027』を掲げ取り組みはじめたのです。確かに、今の世の中一年先
も十年先もあまりよく見えない。であるならば近視眼的な経営であくせくするよりも、十年先に
大きなビジョンを掲げて長期的な視野をもって事業運営するのが正解かもしれません。
ソフトバンクグループは、三十年先、パナソニック(松下幸之助氏)は数百年先の見えない
未来を敢えて見た中で壮大なるビジョンを持って経営にあたっている例もあります。

かく言う当社は・・・JR東日本グループに送れること三年、今年8月に『チャレンジ2030』と
銘打って、二年がかりで長期十年の計を立てるプロジェクトを立ち上げました。JR東日本
グループならまだしも、たかが受託開発生産専門メーカーのツガワごときが十年の計?
と思われるかもしれませんが、ツガワは今年度より長期的な展望を持って今を取り組む
という動きを本格化させております。組織・人事・投資・教育・IT・生産性・品質活動・BCP
・・・ 等々。 多岐に渡っております。中でも特に重要視していることは“人”に纏わることで
あります。少子高齢化・人手不足などのネガティブな諸問題に正面から向き合い、ツガワが
長期的展望を持った中で今何が出来るのかを真剣に考え取り組んで参ります。少し抽象的
で言っている意味が分からないかもしれませんが、平たく申せば・・・  人の価値を最大に
高め、ツガワ100年企業ビジョンで掲げる“ツガワは人なり”を具現化する取り組みでありま
す。本取り組みに関しては、また具体的な活動についてこの場でお話しさせて頂けたらと
思っております。

長期的な展望を持って、今を取り組むツガワにどうぞご期待下さい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長期的な展望を持って今を取り組むツガワ tsugawa-way/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる